老眼治療CK(伝導性角膜形成術)

CK とは(Conductive Keratoplasty)の略で米国で開発された高周波のラジオ波を利用した治療法です。

 

ラジオ波は、医療では既に血管の止血など外科治療に用いられています。原理としては、ラジオ波を角膜の集部に照射して、その熱変性で角膜のコラーゲンを凝縮させ、角膜のカーブを変えるといったものです。

 

この治療方法は、FDA(米国食品医薬局)が2002年に遠視治療として2004年に老眼治療として認可しています。

 

最大の特徴は、治療は角膜の周辺部しか触れず視力に最も大切な部分(角膜の中央)には触れないためリスクが殆ど無いことです。

 

軽い軽視や正視で、近くのものが見づらくなった。でも老眼はかけたくないという方に適した手術といえます。手術自体は、たったの90秒で終わります。手術というより処置といった感じでしょうか?
また金額的には、10万円〜のところもありそこまで高くはありません。

 

この手術の長所として言われていることは、コントラスト感度が落ちないということとハロー現象、グレア現象が全くないということです。
※ ハロー現象:まわりがぼんやりと光の環が見えてしまう現象
※ グレア現象:光を見た時に非常にまぶしく見える現象
しかしデメリットもあります。老眼の症状が進むと、ともに、角膜の状態も元に戻ろう

 

として数年後には追加手術が必要になるケースが多いのです。また、1.5〜2.0ジオプターまでしか治せないう限界もあります。


このページの先頭へ戻る