老眼になった場合、老眼鏡を使用するか?老眼レーシックを施すか?など老眼を改善する方法を選択しなければなりません。

 

その一つにコンタクトレンズを使用するという選択肢があります。近年、コンタクトレンズを使用する人は増えてきており、それに伴いレンズの技術もどんどん進化してきています。

 

特に水濡れ性がよく、乾きにくいコンタクトレンズはドライアイの方に人気がある商品です。

 

コンタクトレンズの場合には、左右の視力に差をつけることが可能です。左右の視力に差をつけて、片目を弱い近視にします。もともと弱い近視の人なら片方の眼だけにコンタクトレンズを入れます。

 

この方法はモノビジョンと呼ばれる方法で脳をだます事で老眼を改善する方法です。詳しくはモノビジョンレーシックの記事で解説していきます。

 

⇒モノビジョンレーシックとは

 

それ以外にもマルチフォーカルレンズ(遠近両用のコンタクトレンズ)と呼ばれるものも非常に進化してきています。コンタクトレンズを利用している方で最近近くが気になる…という方はためしてみるといいでしょう。


このページの先頭へ戻る