ジオプターとは、光の屈折力を表す単位のこと。このジオプターが3以上あると本を読むなどの生活上の不便はなく老眼ではないとされています。

 

例えば1メートル先で焦点が合えば1ジオプターといいます。2ジオプターだと50センチ先、3ジオプターなら25センチ先で焦点があうことになります。

 

遠視の場合はプラス、近視の場合はマイナスで表します。正視の場合は±ゼロとなります。

 

特に近視の場合、−3 ジオプターまでを軽度、−6 ジオプターを中度、−10 ジオプターまでを強度、−10 ジオプター以上を最強度近視と呼びます。

 

ジオプターと言う数値は、そのまま近視の度数にも使われています。コンタクトレンズを使用している方は、よく目にするのではないでしょうか?
コンタクトレンズの箱などに「−4」などとか書かれているのは、4ジオプターの近視を矯正するレンズと言う意味なのです。

ジオプターとは関連ページ

フリーラジカルとは
フリーラジカルとは
黄斑変性症とは
黄斑変性症とは

このページの先頭へ戻る