フリーラジカルとは

フリーラジカルとは、遊離基というもので反応性の高い分子の総称のことです。

 

この分子は、安定している原子や分子から電子を奪って安定しようとする悪役です。言葉にすると難しいで、「フリーラジカルは体にとっては毒」と簡単に覚えてください。

 

これらの物質にはどのようなものがあるかと言うと、具体的には以下のようなものがあります。

 

タバコの煙
紫外線
酸素

 

え?酸素?
と思われたかもしれませんが、酸素自体もフリーラジカルなのです。しかも酸素は体内に入ると、さらに活性の強い「活性酸素」になります。とりわけ、活性酸素は、反応性の高いフリーラジカルなので人間の体内に悪い影響を及ぼします。

 

酸素がないと人間は死んでしまいますが、実は酸素も毒なのです。

 

フリーラジカルが関与して引き起こされると考えられている病気には、高血圧、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中、糖尿病、癌などがあります。

フリーラジカルとは関連ページ

黄斑変性症とは
黄斑変性症とは
ジオプターとは
ジオプターとは

このページの先頭へ戻る