黄斑変性症とは

黄斑(おうはん)変性症の正式名称は、加齢性黄斑変性症といい、加齢の伴う目の病気です。

 

黄斑とは、網膜の中心のことで神経の集中した部分であり、中心視力を出している眼にとって非常に重要な部分です。

 

この大事な黄斑が周部の血管などが出血等を起こすことで障害を受けることがあります。これを黄斑変性症と呼ばれるものです。

 

黄斑変性症になると完全に失明することはないのですが、「ゆがんでみえる」、「見たいものの中心が見えない」、「本が読めない」、「人の表情がみえない」などの症状が出ます。

 

黄斑変性症は高齢者に多いい病気で、もともと欧米に多い病気でしたが、近年日本でも急速に増加していると言われている病気です。

 

黄斑変性症は、予防できるとされていて公益財団法人日本眼科学会によると以下の3つが予防として重要だと言われています。

 

禁煙
食生活の改善
サプリメント摂取

 

特に以下の栄養素は、黄斑変性症を完全に抑えることはできませんが発症が少なくなることが分かっています。

 

ビタミンC
ビタミンE
ビタミンA(βカロチン)
亜鉛

 

公益財団法人日本眼科学会によると、サプリメントの摂取は黄斑変性症になっていない人にも勧められる一方、すでに黄斑変性症が発症した人にはサプリメントの内服が強く勧められる。とされています。

 

上記成分のサプリメントはコチラ

黄斑変性症とは関連ページ

フリーラジカルとは
フリーラジカルとは
ジオプターとは
ジオプターとは

このページの先頭へ戻る