老眼の進行

一旦、老眼になってしまった眼はどのように進行していくのでしょうか?

 

老眼に関する質問の一つに「老眼鏡はずっと作り変えないといけないのか?」という疑問が非常に多くあります。

 

個人差があるので人によっては、一年に一回取り替える人もいます、そんな方は、『私はあと何回メガネを買い替えないといけないの?』と非常に不安になると思います。

 

しかし、普通は3回ほど作り替えれば、以降は交換する必要はないと言われています。調整力の低下は1ジオプターあたり平均3年かかると言われています。(詳しい解説はコチラ⇒ジオプターとは)

 

老眼の初期段階が3ジオプターと言われていますから、約10年経過すると進行は止まるとされています。

 

これまた、個人差があるので一概には言えませんが、70才前後になるとほとんどの方は進行が止まると言われています。

 

また、老眼鏡は老化を悪化させるのではと考える人もいるようですが、これは誤解があります。老眼鏡を使用の有無にかかわらず老眼は進行していきます。

 

逆に「面倒臭い」などの理由で使用しないとかえって「目の疲れ」を招く原因にもなるので注意が必要です。

 

続き>>老眼を予防する方法


このページの先頭へ戻る