医療技術の進歩により、近視、乱視、遠視がレーシックで治るようになりました。メガネを掛けている方は、このレーシック手術という言葉は一度くらい耳にしたことはあるのではないでしょうか?

 

近視や乱視、遠視がレーシックで治るのなら、「老眼もなんとか治らないか?」と思いませんか?

 

実は、老眼はレーシックでは回復はしません。老眼とはの記事でも触れましたが、そもそも老眼は水晶体という部位が加齢によって硬化する現象を言います。

 

残念ながらレーシックで、固まってしまった水晶体を元通りにすることは出来ないからです。

 

しかし、水晶体を元にもどせなくても老眼を改善する方法があります。現在では、眼科医療の進歩によりいくつかの老眼を改善する方法が登場しています。以下のその方法をご紹介します。

 

>>モノビジョンレーシック

 

またレーシック手術ではありませんが以下の手術方法もあります。

 

>>マルチフォーカルIOL
>>老眼治療CK
>>アキュフォーカスリング

 

現在の医療技術では、老眼を治すことはできません。しかし、日常生活で老眼鏡をかけないで生活するレベルまでは改善することができるようになりました。上記で紹介した各手術には、見え方の特徴や手術料金、手術が受けられる年齢条件、追加手術、保険適用の有無などがありますのでどれが納得できる手術なのか比較しましょう。


このページの先頭へ戻る